ノートの1ページ

受験する前に知っておきたい!公認会計士に将来性はあるの

かつては合格してしまえば生涯安泰と考えられていた公認会計士。近年では合格者の数が増えており飽和状態といわれることもありましたが、実際は活躍のチャンスが増えつつあります。

公認会計士が活躍する場は拡大している

グローバル化の影響や一般企業での需要拡大で、公認会計士のニーズは増えています。今後は試験合格者の就職難が改善されるでしょう。

グローバル化によって活躍の機会が増加している

日本企業の海外進出増加と監査基準・会計基準の国際化で会計士がますます必要とされるようになりました。近年日本企業は欧米や中国だけでなく、新興国にも進出するようになっています。

新興国では不正リスクが高い傾向があるので、予算や決算といった数値による客観的な管理が有効な対策の1つです。このときに会計の知識が必要とされます。

また監査基準・会計基準の国際化を図るためは、これまでの基準に基づいた管理体制を変更せねばなりません。そのためには会計の知識が不可欠ですので、より多くの人手が必要となっています。

M&Aを行う際に必要とされる

企業が事業を拡大する際に、M&A(合併買収)による拡大を図るケースが増えています。M&Aを行う際には、買収先の財務状況やキャッシュフローを精査せねばならず、多くの場合会計士がこの役割を担います。

他業界での公認会計士の需要が高まり、大手監査法人での退職者が増大している

上記の影響もあり、大手監査法人では経験を積んだ会計士が一般企業へ転職していくようになったので、以前よりも人手が必要とされています。

監査法人への就職を考えている受験者や合格者にとっては希望が持てる状況になりつつあります。

努力を続ければ活躍できる機会はたくさんある

グローバル化と一般企業での需要増加によって会計士が活躍する機会は増えており、以前よりも合格者が就職しやすくなっています。

より高収入や好待遇を目指すのであれば、試験合格に満足することなく、よりスキルを磨く努力が大切で

ピックアップ記事

  1. 電卓とペンと大きめの付箋
    公認会計士になることができて、大手の監査法人にも就職することができた。これからはどんどん忙しくなるぞ…
  2. ノートの1ページ
    かつては合格してしまえば生涯安泰と考えられていた公認会計士。近年では合格者の数が増えており飽和状態と…
  3. ミニミーティングをする二人の公認会計士
    公認会計士試験に晴れて合格したら、今度は実務経験をして修了考査の合格を貰って・・・。とまだまだやるこ…
  4. 話し合いをしながら作業を進めていく公認会計士
    公認会計士になったからといって、大手の監査法人に勤めるというだけが道ではありません。合格後に様々な経…
  5. 資料に書かれていることを説明する公認会計士
    公認会計士っていうと、依頼を受けて他人の作った会社の監査を行うことがメイン業務であると皆さんも思って…

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP