公認会計士として大手監査法人に勤めるというのがとりあえずの目標になるかと思います

公認会計士試験に晴れて合格したら、今度は実務経験をして修了考査の合格を貰って・・・。とまだまだやることは盛りだくさんです。ほっと一息つくのもいいかもしれませんが、受かったことに喜びすぎないようにはしたいですね。そんなこんなで修了考査も終えたのならば、自分はどんな風に公認会計士として働いていくのかを決めなくてはいけません。

働き方次第ではその後の生活や人間関係も変わってきますので、慎重に考えていきましょう。あんまり短絡的に決めてしまうと後悔してしまうハメになりますので、なんとなくで決めるのは止めておくべきです。

■大手に勤めれば安泰?
公認会計士の資格を取得した多くの人たちは大手監査法人に勤めるという道を選んでいるようですね。今まで実績を積んでいる大手企業だったとするのならば、ノウハウもしっかりしていることは確実ですし、ステップアップを望むこともできるでしょう。

自分はまだまだ学びたいことがたくさんあるという人でも、現場に出て学びながら仕事をすることが可能かもしれません。やはりひとまず最初は大手の監査法人を選ぶというのが無難なことだと言えるでしょう。いつかは独立したい・・・。なんていう人たちも最初のうちはスキルアップの為に勤めたりしてるみたいですよ。

■勤め先が決まったら
そのようにたくさんことを考えた末に決めた職場ならば、もうあれこれと悩んでいる暇はありません。新人公認会計士にはやるべきことも、覚えることも山積みです。最初のうちは勉強させてもらうどころではないかもしれませんが、そのような日々がきっといつかに繋がります。

何事に於いても貴重な経験をさせてもらっているのだという意識を持つようにしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 公認会計士になることができて、大手の監査法人にも就職することができた。これからはどんどん忙しくなるぞ…
  2. 公認会計士っていうと、依頼を受けて他人の作った会社の監査を行うことがメイン業務であると皆さんも思って…
  3. 公認会計士になったからといって、大手の監査法人に勤めるというだけが道ではありません。合格後に様々な経…
  4. 公認会計士試験に晴れて合格したら、今度は実務経験をして修了考査の合格を貰って・・・。とまだまだやるこ…

カテゴリー

PAGE TOP