大手の監査法人を就職するなら公認会計士の試験を避けては通れないでしょう

公認会計士になることができて、大手の監査法人にも就職することができた。これからはどんどん忙しくなるぞ!なんて思っている新人公認会計士の皆さんにとっては、独立なんてまだまだ考えられないかもしれませんね。既に所属している大手監査法人には凄腕の先輩たちが多数所属もしてますし、この人たちでも独立してないんだから自分には一生無理だ。

なんてことも思ってしまうことでしょう。しかし、本当にそうなのでしょうか。この世界では数年間人の下で働いたのちに、税理士の資格も活用して独立をするという人たちだって少なくありません。先輩たちに対して憧れを持つのは大変素晴らしい事なのですが、そのことによって自らの可能性を潰してしまうのは感心しません。

■どっちが魅力的?
自らが組織に所属して、仕事をするということもコツさえ掴んでくれば、どんどん仕事が面白くなってきます。対して独立すると自分が組織の代表ということになりますので、公認会計士としての仕事以外の雑事にも煩わされることになるかもしれません。

今まで生きてきてリーダーシップを発揮してきたことがない・・・。なんていう人にとっては独立なんて考えられないことになることでしょう。しかし、それとは逆に今まではどんな場面でも多くの人たちは引っ張ってきたなんていう人だったら、いつまでの組織に所属している自分に納得できないかもしれませんね。

一概にはどちらが良いとは言い切れないのですが、本当に自分に向いてるのはどちらなのか考えてみることにしてみましょう。

■独立には苦労も付きもの
簡単に独立とはいっても、今日思い立って明日には独立できた。という風には進んでいきません。様々なお役所仕事をクリアした後にようやく独立できますし、事務所を構える為には賃貸物件だって探さなくてはならないでしょう。それを差し引いても一国一城の主になるということに魅力を感じるならば、独立に対して前向きに考えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 公認会計士になることができて、大手の監査法人にも就職することができた。これからはどんどん忙しくなるぞ…
  2. 公認会計士っていうと、依頼を受けて他人の作った会社の監査を行うことがメイン業務であると皆さんも思って…
  3. 公認会計士になったからといって、大手の監査法人に勤めるというだけが道ではありません。合格後に様々な経…
  4. 公認会計士試験に晴れて合格したら、今度は実務経験をして修了考査の合格を貰って・・・。とまだまだやるこ…

カテゴリー

PAGE TOP